どうして起こる視力低下【視力回復したいならまずは原因を知る】

レーシック手術

白衣のヒト

手術の内容

視力回復といえば、レーシック手術を思い浮かべるでしょう。この手術は、芸能人も多く受けているので耳にすることが多く、気になっている人も多いと思います。しかし、具体的にどのような手術なのかといえば知らない人も多いでしょう。そういった人に向けて、レーシック手術について紹介します。この手術は、目の角膜の表層にフラップというふたを作成し、そこへエキシマレーザーという機器で角膜へ直接レーザーを照射するのが一般的です。しかし、最近はフラップを作成する機器の違い、フラップ作成の有無、エキシマレーザーを使用するかどうかなどによって術式の種類が異なります。手術時間も15分から30分ほどというとても短時間で済むので、手っ取り早く視力回復したい人にはおすすめです。

デメリットもある

レーシック手術は、視力回復するのにとても良い手術ですが、幾つかデメリットがあります。それは、場合によっては受けられない人がいるということと合併症などのリスクがあることです。そのため、レーシック手術を行なう前に適応検査を必ず行ないます。その結果によって手術を受けられるか受けられないかが決まるのです。もし受けられない状態になっても、視力回復を望む方法は他にもあります。ですから、レーシック手術が受けられなかったと落ち込まずに、他の視力回復の方法を試してみてはどうでしょうか。眼科の医師に相談したら、どんな方法があるのか教えてくれるので聞いてみるのもいいでしょう。