どうして起こる視力低下【視力回復したいならまずは原因を知る】

目の筋力を鍛える

目

目を鍛えよう

視力低下は、目の疲れや目の周りの筋肉が衰えていることが原因で起こります。ですから、目を鍛えることで視力回復を望めるかもしれないのです。視力回復ができなくても、今の視力を維持することはできるので今以上に低下させたくないのなら継続的に目を鍛えるトレーニングを続けたほうがいいでしょう。
そのトレーニングで最も行なってほしいのは、眼球トレーニングです。これは、眼球を上下左右に動かす働きのなる外眼筋を鍛えることができます。外眼筋のコリをほぐして鍛えれば、目の疲れや眼球のピント調節機能の衰えを改善できます。その方法とは、上下左右に目を動かします。次に斜め方向に目を動かして、円を描くように右回りと左回りに目を動かします。たったこれだけを一日に5セットするだけでいいのです。慣れてきたら、人差し指を目の前で立てて上下・左右・斜め・円を描くようにして目で追うようにしましょう。そうすることで、眼球の状態が良くなります。

自分に合う方法を続ける

目の筋肉を鍛える方法は、眼球トレーニング以外にもたくさんあります。近くにあるものと遠くにあるものを交互に見るだけの円筋トレーニング、遠くの景色を見る遠方凝視・望遠トレーニングなどあります。これらを毎日続けることで、徐々に目の疲れが取れていくことがわかりますし、リフレッシュされていくのもわかります。また、継続的にトレーニングを行なうことで中には視力回復が期待できたという人もいます。簡単にできるトレーニングばかりなので、自分に合うものを見つけて視力回復できるようにしましょう。